読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家から出て握手したら負けだと思ってる

完全在宅アイドルファンによるブログです

欅坂46平手友梨奈は、アイドル界のチェ・ゲバラである

欅坂46

欅坂46

いよいよ今日、欅坂46がミュージック・ステーションに初出演する。

テレビ東京の深夜番組「欅って書けない」を初回から見続けているファンのひとりとしては、たいへん喜ばしい限りです。

本音をいえば、ぼくはこの番組の自己紹介動画企画で平手友梨奈という存在を知った瞬間から、ずっと絶対的センターの登場だと確信していました。

なので、彼女がデビューシングルのセンターに選ばれたときは、ぼくのアイドルを見る目が正しかったことが証明されてような気がして、ちょっとだけ誇らしくもありました。

たぶん、このうれしさや誇らしさを何百倍にもした感情が秋元康の味わっている思いなんだろうね。

というか、この娘が特別な存在だってことは、誰が見ても明らかなんだろう。

だからこそ、デビュー曲のMVはめちゃくちゃ変わった作りになっている。

平手友梨奈>越えられない壁>その他

この曲は、欅坂46のデビューシングルの表題曲です。

それにもかかわらず、MVでまともに顔を映されるのは前列メンバーのみ。

一方の平手は、顔のアップがいっぱい。おまけにダンスレッスンまで映されてる。

どう考えても異常ですよ。

誤解を恐れずいえば、スタッフ陣は、圧倒的なえこひいきをしているわけです。

アイドルのデビュー曲らしからぬ政治性

姉妹グループの乃木坂46がぐるぐるカーテンという、超ド直球の王道清純派アイドルソングでデビューしたのに対し、欅坂のデビュー曲はエッジが尖りすぎている。

自らが大量生産アイドルであり、姉妹グループでありながら、「人と違う道を行け!」というメッセージ性いっぱいの歌を歌うわけです。

また、デビューシングルにこの曲を持ってくる秋元康の恐ろしさ。

本当に稀代のプロデューサーだなと感心します。

平手ひとりのためのダンス

この曲は、ダンスの振付もかなり攻めてます。

素人目から見ても、やはりまだまだダンスの実力は足りていない。

それもそのはずで、彼女たちはつい半年前まで普通の女の子だったんです。

だからこそ、デビュー作ではもっとシンプルでフレッシュさを押しだすのが定跡でしょう。ところが、サイレントマジョリティーのダンスは、とても激しい、ビートを感じさせるものです。

また、ところどころに軍隊の行進をモチーフにしたと思しき振付がありますよね。

その軍隊的振付がまたものすごい。

平手が長い手足を動かし、それを合図に、後列に控えるメンバーが動きだすんです。

曲の歌詞と合わせると、レジスタンスを率いる圧倒的カリスマって感じ。

本当にかっこいい。

これ、どう考えても平手以外を売る気ないだろ!

絶対的センター

でもね、それもしょうがないことなんですよ。

平手友梨奈は特別な娘なんです。

たしか中森明夫が女優の橋下愛を「世界に挑みかかる目」と評したと思うんですが、この表現が平手にも当てはまる。

MVの3分50秒あたりの表情なんか特にすごい。

中性的で、媚びてなくて、でも色っぽい。こんな雰囲気を持っている中学生がいるなんて信じられませんよ。

正統派の美少女というわけじゃないんです。

どちらかというと多部未華子的な「かわいいんだけど・・・」的な、ちょっと癖のある顔立ちだと思います。

それでも、いや、だからこそ、目を離すことができないんでしょう。

危うさと14歳女子らしからぬスタイルの良さ、そして「欅って書けない」で見せる14歳女子らしいあどけない笑顔が同居するのが、平手友梨奈の魅力なんです。

欅坂46の目指すもの

デビューして間もないですが、このグループの目指す立ち位置というのがなんとなくわかってきました。

ずばり、アンチ乃木坂です。

乃木坂といえば、AKBグループと違って総選挙のないグループです。

どっかのライターが、悟り世代には争いのない乃木坂が人気なんて記事を書いていた記憶もあります。

これはある意味で正しいと思います。

AKBの目標努力といったテイストは確かにおもしろいんですが、疲れます。

見ているほうも必死で応援しないといけないんです。

一方で乃木坂は平和です。お嬢さま学校をイメージさせるような歌詞や、女性ファッション誌でモデル活躍するなど、ガチマジといった汗臭い要素を排除しています。

乃木坂が努力していないってわけじゃありませんよ。

その姉妹グループとしてデビューした欅坂46。

彼女たちは、その平和を否定しました。

慣れあうな! 違う道を行け! 嫌なものは嫌といえ!

と高らかに歌い上げます。

これはAKB的なガチとも違います。乃木坂的な平和主義とも違います。

誰にも縛られるな。わたしたちは良いものは良いといい悪いものは悪いという。

これこそが、欅坂のメッセージです。

王道アイドルである乃木坂に、欅坂はまるで野良犬のように噛みついているわけです。

アンチ乃木坂がいったいどういう形で描かれるのか、それはまだわかりません。

しかし、欅坂46の登場によって、いよいよ乃木坂は本当の意味で独立したアイドルになれたともいえます。

これからは、同じソニー同士のライバル関係を作っていけますからね。

いよいよ、全国のお茶の間に、このすごさが届くと思うと、ほんと楽しみです。

共演がBabymetalっていうのが、ちょっと不安だけど。。。