読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家から出て握手したら負けだと思ってる

完全在宅アイドルファンによるブログです

TIFのSKE48「僕は知っている」に涙止まらず

TOKYO IDOLE FESTIVAL 2016でのSKE48のパフォーマンスを、テレビで見ました。

といっても、HOT STAGEだけですが。

松井珠理奈の不在でどうなるかと思っていたら、北川綾巴と後藤楽々という若き次世代エースを、高柳明音、大矢真那、須田亜香里、古畑奈和の四人が支えるという体制を構築。絶対的エースがいないぶん、かえってメンバー同士が力を合わせている感じがしてよかったです。

セットリストはシングルのA面が多め。「恋を語る詩人になれなくて」のようなカワイイ系の曲から、「Gonna Jump」のような盛り上がり系、さらに「チキンLINE」のようなダンスナンバーまで、幅広いラインナップを組み込み、ファン以外の観客を巻き込むための飽きさせない工夫がされていた。

曲中の煽りは慣れたものだし、フリートークはちゃんとオチがある。須田亜香里のダンスは目をひかれるし、ちゅりは相変わらず全力で笑顔だし、多くの曲でセンターを努めた楽々は元気な小学生男子みたいでかわいい。

なんて呑気に見ていたのは途中までだった。

「アイシテラブル!」での須田の怒涛の煽りにより、会場の盛り上がりはいよいよピークへ、そこへ来てトドメとばかりに「僕は知っている」。

この流れはやばい。

「僕は知っている」は、SKE48のドキュメンタリー映画の主題歌であり、アイドルを応援するファンの目線に立った曲だ。それを、これまで汗だくになりながら、息を切らしながらパフォーマンスをしていたアイドル自身が歌う。

イントロが流れた時点でというか曲紹介の時点で、すでに目頭が熱くなっていたのだが、なんとか耐えていた。しかし、曲の半ばで高柳が「SKE!」と号令をかけ、メンバーが「48!」と答えた瞬間、ぼくの涙腺は完全に決壊しました。続く「ごめんね、SUMMER」でも涙はおさまらず、ボロボロになりながら「幸せだ!幸せだ!」と心のなかでつぶやく始末。完全に脳内で変な汁が出ていましたね。

家の画面越しに見ていてこのざまなので、会場で直に見ていたらどうなっていたのか、考えるだに恐ろしい。

今回のセットリストをガチオタの方がどう感じているかはわかわないが、ぼくにとってはこれ以上ないほど良くできたものだった。「アイシテラブル」で会場の一体感を極限まで高め、「僕は知っている」で心の堤防を突き破り、「ごめんね、SUMMER」では、一種の無常感を感じさせる。この三曲の組み合わせにあらがうことは不可能だ。

ぼくは別にSKE48の大ファンというわけじゃないのに、涙が止まらなかった。いままで、TIFでの48グループのパフォーマンスは2013年のHKT48が最高だと思っていたが、まさか泣かされるとは思ってもみなかった。

なにかとんでもない、すさまじいものを見たような気持ちです。

本当にすばらしかった。