読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家から出て握手したら負けだと思ってる

完全在宅アイドルファンによるブログです

TIFのチーム8「ひこうき雲」に、アイドルとファンが作る幸福な景色を見た

TOKYO IDOLE FESTIVAL2016での、チーム8のパフォーマンスを見ました。

例によってテレビ観戦で、HOt STAGEのみです。

なお、SKE48のライブについての感想はこちら。

at-home.hatenablog.jp

投稿する順番が実際の出番と逆になっているのは、SKEのパフォーマンスに衝撃を受けて、チーム8の感想を後回しにしてしまったからです。

 

正直にいって、一曲目に「ポニーテールとシュシュ」アコースティックギターver.は失敗じゃないかと思う。一曲目の楽曲にどういう役割を担わせるのかはグループやライブによって異なるだろうが、ぼくはスタートダッシュを切ってほしかった。つまり、ギターの弾き語りで会場をまったりさせるのではなく、原曲のまま歌って、会場のテンションを上げてほしかったということです。お世辞にもギターが上手いとはいえず、メンバーの歌声も緊張なのかしらんが小さいもんだから、なおさらそう思ってしまう。ギターが下手なら、せめてメンバーは大声で楽しそうに歌ってくれ。

チーム8がキーボードやギターの弾き語りをしているのは知っているけど、今回の場合メリットはなんだったのか、いまでもわからない。どうしても組み込みたかったのならば、ライブの中盤に披露すればよかったのではないか。小休止ではないけれど、弾き語りで観客をクールダウンさせて、次の曲で再び盛り上げる。緩急を作るために使うのなら納得できました。

軽いMCを挟んで「47の素敵な街へ」と「Everyday、カチューシャ」を二曲連続で披露。ガチ恋向上もあり、客席のテンションも上がっている。チーム8は、声もダンスもとにかくデカイ。ガチ恋向上はマイクが割れんばかりの大声だし、ダンスの振付では、ちぎれるんじゃないかってくらい腕をぶん回す。ダンスが上手いだけではなく、全力でやっている。

ここでようやくMCのコーナーに。

主に担当するのは、坂口渚沙と太田奈緒。ふたりとも、大きな声でハキハキとしゃべるので、聞いていて気持ちがいい。なんか小学校の校長先生みたいな感想だが、アイドルはやっぱり元気が一番ですよ。自己紹介コーナーでは、メンバーがそれぞれ茶々を入れて盛りあげていた。チーム8がいかに場慣れしているかわかる。

その後、「夢へのルート」、「君のことが好きだから」、「大声ダイヤモンド」を連続で歌い、オリジナル曲の「制服の羽根」へ。円になって回るフォーメーションがかわいい。ラストナンバーはAKBの名曲「ひこうき雲」。ステージ上のアイドルと客席のファンがいっしょになってタオルを振り回している。この上ない幸福な光景に、思わず涙ぐんだ。

AKB48の楽曲とオリジナル曲を織り交ぜる、理想的なセットリストだと思います。

個々のメンバーでは、多くの楽曲でセンターを務めた倉野尾成美は、ハムスターみたいでかわいい。坂口はいつもどおり顔がテカテカになっている。佐藤栞はみんなよりやや太ももがむっちりしていて、そこがいい。太田奈緒は汗で前髪が崩れかけるほどがんばってる。吉川七瀬は「制服の羽根」で首を動かす振付で、インド人みたいに首が動く。チーム8は、みんな一生懸命汗をかいていて、夏のイベントにぴったりだった。

細かいことだが、できれば、都道府県のカチューシャは付けてほしかった。

あれがあった方がかわいいし、なにより、新規の客に都道府県と顔をセットで覚えてもらうチャンスじゃないか。8といえば都道府県カチューシャにブレザー風の衣装がトレードマークなのだから、初参戦した今年くらいは、カチューシャありの姿を見たかったです。

そして、いまから考えると、SKE48で号泣したのはチーム8ですでに涙腺が緩くなっていたからなのがわかる。

早くも来年の登場が楽しみです。