読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家から出て握手したら負けだと思ってる

完全在宅アイドルファンによるブログです

小嶋菜月と武藤十夢が大活躍のAKBINGO!「私の犬が最強です!No.1愛犬家決定戦」

AKB48 バラエティ

9月13日の『AKBINGO!』の感想です。

この日の企画は「私の犬が最強です!No.1愛犬家決定戦」。

AKB48から伊豆田莉奈、小嶋菜月、込山榛香、武藤十夢の四人が愛犬を連れて登場し、ペットへの愛情を競い合うというもの。

冒頭から、村本さんの「愛犬&愛猫もう死んだんですけど」ブラックジョークが冴えわたる。

この日のMVPはなんといっても小嶋菜月。

愛犬を溺愛する様子は微笑ましかったが、耳をハムハムしはじめたあたりからおかしな展開に。尻尾を口にくわえるだけではあきたらず、お尻に顔をうずめるまでに。この時点でスタジオはドン引きモードだが、最後には、「鼻の横にうんちをつけて、一日中香りをさせて過ごしたい」、「加藤玲奈ちゃんは大親友なので、玲奈ちゃんのうんちならつけれる」という常軌を逸したサイコな発言が飛び出す始末。

さすがにぶっちゃけ過ぎだ。

小嶋の次によかったのが武藤十夢とオグリ。

武藤が連れてきたオグリはビーグル犬とあって、完全に振り回されっぱなし。愛犬とのふれあいコーナーでは、口を舐めようとするオグリに対し、口を閉じてしかめつらをし、えづいてしまう武藤十夢。番組後半での、動物が苦手な渡辺麻友、柏木由紀、向井地美音に犬のすばらしさを伝えるコーナーでは、全スタッフ&視聴者の期待どおり、まゆゆやみーおんに向かってオグリが突撃してくれた。バラエティのお約束をわかった、かしこい犬だ。

スタジオライブは「光と影の日々」。

横山由依とのWセンターを担うのは、山本彩に代わって岡田奈々。青いシャツに緩く結んだネクタイが似合う。選抜メンバーよりも平均年齢が下がった分、フレッシュ感がアップ。曲のイメージとしては、このメンバーの方がぴったりだと思う。

今回は、効果音やカットの切り替えのうまさが目立った。

オグリが走り回っているときなどは、コミカルな効果音のおかげで実際よりもおもしろく感じられた。また、ひな壇が参加しにくい企画だったにもかかわらず、リアクションをしている顔を抜くことで、ひな壇メンバーも置いてきぼりになっていなかった。この点、編集の巧みさはもちろん、リアクションしやすい発言をした小嶋菜月&村本さんのお手柄だ。

メンバーがペットに接する姿が見られて大満足。

次回も楽しみです。