読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家から出て握手したら負けだと思ってる

完全在宅アイドルファンによるブログです

AKB48 16期生オーディションSHOWROOM部門で気になった受験生

AKB48

AKB48の16期生のオーディションがSHOWROOMで行われていました。

まだ芸能人でもない女の子に、半強制的にネット上に顔を露出させるというのはいかがなものかと思うのだが、それはともかくとして、配信を見ていて気になった受験生をピックアップします。

10番

11歳の小学6年生。

たぶん、ほとんど配信していないと思うのだが、たまたま見た回がなかなかインパクトのあるものだった。過去二回の配信が上手くいかなかったことを反省し、冒頭から文章を読みあげる。それが11歳にしては非常によく練られたもので感心したのだが、いざ作文が終わりフリートークになると、無口になってこちらを見つめ、たまにコメントを拾っては「がんばります」や「かわいいって言ってくれてありがとうございます」と返事をするだけ。ものすごい緊張のなかで小さな女の子が頑張っている姿にグッときた。子ども特有のちょっとかすれた声といい、棒読みで感情のないしゃべり方といい、千葉恵里を連想した。AKB48を好きになったのは幼稚園のころで、大島優子や小嶋陽菜の握手会にも行ったことがあるとのこと。ベテランですね。

年齢が年齢だけに、今回合格するかはわからないけど、もしダメでも、次の機会を待ってほしい。

12番

高校1年生の15歳。

土屋太鳳みたいな大きくて丸い瞳が印象的。

横浜で行われた総選挙祝賀会にも参戦したらしく、ライブのセットリストの話題や劇場公演の話をするなど、ちゃんとAKBグループが好きで応募したことがわかり好印象。字が上手。

いい意味でウザキャラとして人気が出そう。

29番

中学2年生の14歳。

地下アイドルでおっぱいが大きい。

着ている洋服、背後に見える階段、部屋にあるピアノやカーテン。どれをとっても良家のお嬢さまである。この娘はAKB48ではなく乃木坂46に行くべきだと思う。まだ中学生ながらトークも上手で、握手会もそつなくこなしそうだ。

広瀬すずに似た容姿でめちゃくちゃかわいいし、甘えたような声も魅力的だし、配信中にもアンケートやじゃんけんといった企画をするアイディア力もある。まず間違いなく合格するだろうけど、いまが完成形って気もする。

「応援しなければ!」となるタイプではない。

31番

12歳の小学6年生。

サッカー女子日本代表の大野忍さんに似ている。元気な男の子みたい。握手会や劇場公演に参加したこともあり、なかなかのAKB好きっぽい。

34番

12歳の小学6年生。

おしゃまな女の子という言葉がぴったり。コメントが少ないと「誰もコメントしてくれない」と甘えたり、なんども同じ質問をされると「めんどくさいから書くね」とフリップに書いて画面に映したりと、ちょっと生意気そうなんだけど、トークの内容は年相応でギャップにやられる。チーム8の山田を「山田さん」ではなく「山田」と呼んだり、小嶋真子を「こじまこ」と言ったり、しっかりしてそうで隙のあるところも子どもらしくて良し。

45番

17歳。

乃木坂46の寺田蘭世っぽい顔で、口調も蘭世っぽい。

小学六年生のころ「桜の木になろう」のMVを見てからのAKBオタであり、チームB推しであり、佐藤亜美菜推しという信用できる女。「握手した後は手を洗いますか? わたしは洗いません」や「ヘビーローテーションのPVめっちゃいい匂いしそう」など、やべえ発言を連発している。好きなMVについて話しているときの口調や、「合格したらアイドルに囲まれる生活」というコメントを拾った際のニヤケ顔からして、相当なオタだ。ネガティブで、アイドルが好きで、必死感があって、早口で、トークが上手くて、化粧っ気がなくてと、ちょうどヘタレキャラだった初期の指原莉乃みたいな感じ。「俺が支えなきゃ!」とネットユーザーやアイドルオタが応援したくなるにはうってつけの容姿であることもプラス要因。最後の方ではちょっとだけメイクをしてかわいくなり、タワーをもらって大盛り上がりしていた。

あえて批判をするとすれば、この娘が好きなのはあつゆう体制のAKBであって、それから乃木坂に心移りし、いま最もハマっているのは欅坂っぽい。おまけに、「乃木坂や欅坂はきれいすぎてオーディションを受けれなかった」と、ナチュラルにAKBの容姿をディスっていたのも気になるところ。ま、容姿に関してはみんな感じていることだし、実際AKBが一番熱かったのは大島優子卒業前後なのも確かなので、仕方ないかも。

ドラフト二期の最終まで行ったとのことなので、たぶん合格するでしょう。

54番

15歳。

大島涼花と森保まどかを混ぜたような容姿。大人っぽい雰囲気にもかかわらず、話し方やトークの内容は天然で、そのギャップがかわいい。視聴者にアンケートを取ってランキングを作ったりと、きちんと企画を立てて配信しているところに好感を持てた。聞きとりやすい声としゃべり方で、コメントの拾い方も上手。

北川綾巴の生誕Tシャツを着て配信するなど、ファンアピールもばっちり。

60番

15歳。

いい意味で普通というかイモっぽい感じが逆にいい。普通の部屋の片隅で、ひそひそ声で配信しているのを見て、なんだか放っておけなくなった。秋元康曰く、「スタイルの良さをアピールするためにミニスカートを履いてきた女の子より、部活終わりにあわてて来たような格好をしたボサボサ頭の女の子の方が気になる」とのことだが、まさにその通り。特別かわいいわけでもないし、トークがおもしろいわけでもないんだけど、この娘がちゃんとメイクをして衣装を着てステージに立ったらどうなるのか想像せざるをえない。

AKB48にはこういうタイプこそ加入するべきだ。

68番

17歳。

マスクをしていたので本当の顔はわからないが、目の雰囲気からして永尾まりやっぽい。「てもでもの涙」を上手に歌っていた。おでこがきれい。

年齢と喋り方からして、加入決定後にひと悶着ありそう。

69番

13歳。

声といい、目の輝きのなさといい、話し方といい、トークの内容といい、着眼点といい、かつて有吉弘行さんに「メッシ」と呼ばれたころの高橋朱里を彷彿とさせる。コメントを拾うさいにはユーザーの名前と一緒に返事をしていて、配信慣れしているなと思った。

まとめ

全員分見たわけでもないし毎日見たわけでもないので、ほかにも良さそうな娘がいるかもしれませんが、ぼくの気になる受験生はこんな感じ。最初に書いた通り、個人的にはこのような形で普通の女の子に顔出しさせるのはやめるべきだと思う。合否に直接影響しないとはいえ、最終審査まで来て配信人気の高いメンバーを落とすようなことはしないでしょ。だったら、事実上の強制参加じゃないか。これで得をするのってユーザーや課金率が増えるSHOWROOMおよびAKS(バックマージンがあるとして)だけで、受験生には負担が増えるだけだよね。SHOWROOMを使うのであれば、正々堂々と配信上位何名は絶対合格を確約すべきだ。

個別の受験生については上述したので繰り返さないが、とにかく29番はヤバイっすね。致命的な落ち度がないにも関わらず彼女が落ちたら、暴動が起きるほどの美少女。まず間違いなく、合格した瞬間にメディア露出が始まるだろう。

ただなぁ、かわいい娘が加入するのに反対するつもりはないんだけど、29番は14歳の現在も美少女で、おそらく18歳になっても美少女で、アクシデントがなければ当たり前のようにセンターになるだろうけど、それのなにがおもしろいんだって思う自分がいる。彼女が加入することで世間への訴求力は上がるだろうし、いわゆるピンチケといわれる若いオタも乃木坂や欅坂から戻ってくるだろう。

でも、ぼくは60番みたいな娘が変化するさまを見てみたいんですよね。