読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家から出て握手したら負けだと思ってる

完全在宅アイドルファンによるブログです

倉野尾成美、魂の叫び「AKB48は顔じゃなくて努力」

11月22日と29日放送のAKBINGO!を見ました。

メイン企画は、「1週間でここまで出来た!AKB詰め込みチャレンジ!」。メンバーが一週間で習得した特技を披露し、それを村本さんがランクづけするというもの。

誰得のコスプレ運動会(伊豆田莉奈のドナルド・トランプは傑作でした)や、お決まりのグループ対抗企画(村川緋杏のゴボウネタは完璧だった)が続いただけに、番組のクオリティに不安を抱いたが、それも杞憂だった。

やっぱりアイドルは負荷を与えてナンボ。たった一週間とはいえ、真剣に挑戦する姿は美しいし、いざ披露するとなると見ているこちらもドキドキする。

ちょうど同じころに乃木坂46の『乃木坂工事中』でもチャレンジ企画が放送されていて、こちらの空中ブランコやらジャグリングやらドローンマシュマロキャッチやらと比べると、『AKBINGO!』の方はお楽しみ会というか、ちょっと早めのクリスマス会の余興を見せられているような感じだったが、それはそれ。

この企画、何がよかったかって倉野尾成美がドライブしまくっていたこと。

まず、小栗優以の特技がランキング一位であり続ける理由について、村本さんが「顔でしょ!」といったときの表情が最高。

f:id:weekendradio:20161205024858j:plain

にらみを利かせてお得意のコンビ芸に移行しようと目論む谷口めぐとは対照的に、下唇をかみしめる倉野尾成美。周りのバラエティ的リアクションとは一線を画すこの表情、非常にガチな感じですばらしい。

そして、「これはもう一つの総選挙だ!」と言われた後の絶妙の間と、なるちゃんの目からこぼれる涙。

f:id:weekendradio:20161205025428j:plain

この顔が映った時点で、主役の座は完全に倉野尾成美のものになった。

最後は必殺の名言

AKBは顔とかじゃなくて、努力だと思うんですよ。

村本さんは「倉野尾が泣く意味が一番わからない」というけれど、でも、その意味はわかるぞ。

なんといっても、なるちゃんは2014年と2015年のチーム8の夏合宿に参加し、有名ボイストレーナ菅井秀憲先生や振付師の牧野アンナ先生に厳しくしごかれ、2014年には東京ドームでのパフォーマンスメンバーに、2015年には「会いたかった」公演の初日のセンターポジションに選ばれ、2016年には総選挙でランクインし、その後も中野郁海と激しいセンター争いを繰り広げている、いわば努力でいまの地位を勝ち取ってきたメンバーだからだ。

そんな倉野尾の言葉だからこそ、これは心に突き刺さる。

バラエティ番組の何がおもしろいって、出演者が企画の範疇を越えてくること。特にアイドルの場合は、年齢的にも職業的にもストレスにさらされているから感情を爆発しやすい。そして、村本さんにはその感情のスイッチを押す技術がある。

最後の最後の、舞木香純への引き気味の「泣いてるやん」もすばらしかった。

 

ここ数回は大した盛りあがりもなかったけれど、この倉野尾成美の涙でがぜん『AKBINGO!』は盛り返した。台本通りに進行するよりも、出演者が感情むき出しになる方が企画に勢いがついておもしろくなる。

まあ、なるちゃんの涙のせいで、小田えりなの特技披露が蛇足みたいになってたのは残念だけど……。

余談だけど、中西智代梨にマジックを教えた先生のキャラクターと、岡部麟とのやりとりもとてもよかったですね。あれはまた番組に呼んでほしい。