読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家から出て握手したら負けだと思ってる

完全在宅アイドルファンによるブログです

Mステ初出演から考える欅坂46の戦略とその疑問点

欅坂46

生歌とダンスで見せたアーティスト志向

欅坂46、生歌でしたね。

個人的には、歌番組では生歌にこだわる必要はないと思っています。とはいえ、生歌で勝負する姿勢は立派だし、やはり見ていてこちらも気が引き締まる。

まだまだなんとか歌っているレベルで聴かせるレベルには到達していませんが、初めての外仕事でこれだけやったのはすごいと思いました。

それからダンス。

本当にびっくりした。

いまだからこそいえますが、MVのダンスはひどかった。踊ってるんじゃなくて踊らされてるダンスでした。

それが見違えるほど上達している。

ロボットダンス的パートでは静と動のメリハリがついていたし、ひとりひとりがビートやリズムを感じて踊っていたので、見ていて気持ちよかった。

乃木坂はミックスを排除した楽曲を中心にしたアーティスト路線を志向していますが、欅坂も同様の道を進むことになりそうですね。

「サイレントマジョリティ」にミックス打つ姿なんて想像できないもんなぁ。

 

平手+その他メンバー

で、番組を見ていて思ったのが、運営はとことん平手を推すつもりだなということ。

グループ全体を売るためにひとりに集中的にリソースを割くというのは正しいのかもしれませんが、ここまでやるかというほどでした。

煽りのVTRは平手のみ、トークも平手中心、極めつけはパフォーマンスのカメラワークも平手のアップ中心。

(ラジオ番組でも、平手だけレギュラーにしてますよね)

他のメンバー及びそのファンはどういう気持ちなんだろうか。

もう思い出せないんですが、初期の乃木坂ってここまで生駒を推してたかな?

 

さらにいえば、ここまで集中投資して大丈夫かという心配もあります。

正直いって、乃木坂に比べると欅坂ってあまりメンバーのポテンシャルが高くない気がするのです。

『乃木坂ってどこ?』でメンバーを初めて見たときの衝撃はいまでも忘れません。

生駒は第二の広末涼子かと思ったし、まいやんは信じられないほど色白美人だったし、橋本は理想的なボーイッシュな女の子だったし、星野は絵に描いたような妹キャラだったし、もうやめちゃった市来もとてもきれいだった。

それと比べると、『欅って書けない』のメンバーは・・・。

(渡邉 理佐と渡辺 梨加のダブルワタナベにはちょっと期待してます。)

もちろん、アイドルというのは突然思いもかけない変化を遂げるものだし、それが楽しみでもあるんだけど、ただ、メンバーの年齢も高いんですよね。

ざっと調べたところ、デビュー時の乃木坂はおよそ16.3歳で欅坂は16.8歳です。

この0.5歳がどれくらいのものかはわからないけど、15歳以下のメンバーは平手と原田葵しかいない。

一方の乃木坂は、デビュー時点で前列を構成した星野も生田も15歳以下だった

年齢がすべてとはいわないけれど、アイドルにとって年齢は無視できない要素ですよね。中学生の少女と18歳の女の子とでは、どうしてもこちらの求めるレベルも変わってくる。もし生田や星野が17歳だったとしたら、「ぐるぐるカーテン」の魅力は半減するでしょう。

結論

ここまで書いたことをふまえると、結論は以下の三つになると思います。

  1. 乃木坂以上のアーティスト化
  2. オーディションに人材が集まらなかった
  3. 搾り取るだけ搾り取って逃げる
  4. 平手さえ売れればそれでいい

1はそのままです。

アイドルにとって年齢は重要ですが、アーティストにとっては些細な問題です。20歳を超えるとアイドル人生も先が見えてきますが、アーティストにとってはこれからです。本格的なパフォーマンスを重視するなら年齢は関係ありませんし、メンバーがバックダンサー化するのも仕方ありません。

2はありえるかもしれません。

そもそも人材が集まらなかったので苦肉の策で今の状態になったということです。

3だとしたら悲しいです。

AKBは十周年を迎えましたが、ソニーは欅坂を十年続けるつもりはないのかもしれません。握手で稼げるだけ稼げばいいと思っているとしたら、年齢やメンバー間の格差といったことには頓着しないでしょう。あるいは、あえて格差を作ることでファン同士の競争心を煽るということもできます。

個人的には、4が一番可能性が高いと思います。

運営サイドは、オーディションで平手を見つけてしまった。惚れこんだ逸材をスターにするために、他のことを放っておくとしても責めることはできないです。

 

理想的には1が望ましいですね。

最悪なのは3です。

いずれにせよ、できるだけ多くのメンバーにチャンスが与えられる環境であることを望みます。