読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家から出て握手したら負けだと思ってる

完全在宅アイドルファンによるブログです

AKB48チーム8 岡部麟ちゃんへのラブレター

AKB48

岡部麟ちゃん江。

 

麟ちゃん、りんりん、べりんちゃん。

いろんな呼び方があるけど、一番しっくりくるのは麟ちゃんです。

ぼくが麟ちゃんを知ったのは、フジテレビで放送されている『ミライモンスター』がきっかけでした。レポーターとして登場した麟ちゃんは、スタッフからの「特技はありますか?」という質問に、ちょっと恥ずかしそうにAKB48の前田敦子さんのモノマネを披露していましたね。

麟ちゃんのはにかんだような表情と、スタジオの澤部さんの「AKBの娘がAKBのモノマネする時代なのね」というぼやきツッコミは、いまでも鮮明に覚えています。

それから、少しずつ麟ちゃんのことが気になっていました。

『AKB48のあんた、誰?』での活躍は特に印象に残っています。絶妙な毒舌と釣り師ぶりはもちろん、人気コーナー「リアル版恋愛総選挙」での新妻さんとの軽快なやりとりには爆笑しました。

総選挙のアピール動画で自らいっているとおり、麟ちゃんは怒った顔が魅力的ですよね。

『AKBINGO!』で、バッドボーイズの佐田さんから何度も「イバラギ」といじられたときに見せたカチンときた顔、とてもかわいかったです。

こんなふうに書くとまるでバラエティメンバーみたいだけれど、実は麟ちゃんはいろんなことができるんだよね。まずはなんといってもイラスト。チーム8のイベントや全国ツアーでは、麟ちゃんのイラストが目玉のひとつになってますよね。イラストを作成している様子がFLASHで特集されるほどです。

忘れちゃいけないのが歌声。

普段しゃべっているときは甘えたような口調なのに、これがどうして、いざ歌ったときは大人っぽい声になるのでびっくりしました。『あんた、誰?』で和賀さんとデュエットした「クリスマスがいっぱい」は、とても良かったです。

『あん誰 Presents AKB48チーム8のあんた、ロケ!』の、茨城でのロケで披露したファッションセンスにも驚かされました。麟ちゃん、70年代っぽい原色のワンピースがとっても似合うんだね。ぜひとも、「Baby! Baby! Baby!」を歌う麟ちゃんを見てみたいです。

最近は『AKB48のオールナイトニッポン』にもよく出ていますね。

初出演した回では、共演者の小田えりなちゃんや佐藤栞ちゃんに負けないように、がんばって茨城の魅力をアピールしていましたね。大家志津香さん、太田奈緒ちゃんと共演した回では、突如あらわれた総監督の横山由依さんともすぐに打ち解けたおしゃべりをしていて感心しました。なかでも、太田奈緒ちゃん、小田えりなちゃん、清水麻璃亜ちゃんと出演した回でいっていた、「(team8のオーディションを受けた帰りに地元の街並みを見て)、わたしはここの代表になるんだって思った」というエピソードには胸を打たれました。

なるほど、茨城の魅力度ランキングが最下位なのを気にしていたのは、地元を背負う責任感ゆえだったんだね。

 

無事に成人式を迎え、いよいよ大人の仲間入りをした麟ちゃん。

大学生とアイドルの両立は大変だと思うけど、体を壊さない範囲で精一杯がんばってください。